死装束とは?エンバーミング - 調布での家族葬・葬儀

死装束以外に何を着ればいいの?

死装束以外に何を着ればいいの?の写真

仏具には6つの種類があります。

まずは、仏教の装身具について。仏教の場合、服装は旅立ちのためのものなので、それに合わせた装身具になります。笠(かさ)。頭につける道具のこと。日傘や傘が今ほど一般的ではなかった時代には、夏の日差しや雨から頭を守るために使用されていました。しかし、現在では、葬儀社によってはこの日除けを携帯することを義務付けていないところもあります。杖は、足や足を支え、不整地を歩きやすくするための道具。これも棺の中に入れます。手の保護具、これは鉄子鉄子と呼ばれています。寒さや日差し、木の枝などによる外傷から腕を守るための保護具です。肘から数センチ下から手の甲までの手を保護するための道具です。脚絆、白足袋、藁草履は手の甲が腕を守るための道具ならば、伽藍は足を守るための道具です。

足の下の部分をすねから守るもので、これらも古くからあるものです。また、足の疲れを取るためにも使われています。足袋やわらじは比較的身近なものでしょう。脚絆、足袋、わらじは長距離を歩くときには欠かせないものです。クダ袋、首に巻いていた小さな袋で、経典や布施を入れるのに使われていました。死に布として使用する場合は、故人の首に巻くのが一般的でした。三角頭巾(さんかくずきん)、三角頭巾と呼ばれる。死装束の中で最も有名なものでしょう。頭に被り、三角形の形をしています。三角は、身分の高い人の冠に似ていると言われたり、蛇の紋章に似ていると言われたり、再生の象徴であったり、極楽浄土への旅立ちの象徴であったり、顔を露出しないようにするためのものであったりします。神道の服装は性別によって異なります。まず、男性は恵方巻きを着用します。男性の場合は笏(しゃく)、女性の場合は扇子(うちわ)を持ちます。烏帽子は奈良時代(710~784年)から広く使われるようになり、高所の人から庶民まで使用されていました。現在でも、烏帽子をかぶった人々の肖像画が多く残されています。笏は男性が持ちます。靴べらのような形をした薄い板で、正装の際に使用します。そして、扇子や扇子を持って見送ります。女性が持ちます。