死装束とは?エンバーミング - 調布での家族葬・葬儀

死装束の着付け方の注意点

死装束の着付け方の注意点の写真

最近では病院で亡くなる方が圧倒的に多いです。病院で亡くなられた方は、看護師さんが簡単な清拭をしてくれます。病院で亡くなった場合、看護師は簡単な拭き取り(清拭、つまり脱脂した綿球で体を拭くこと)をしてくれます。どこまで行うかは病院によって異なりますが、ほとんどの場合はこれで遺体のお世話は終わりです。この後、葬儀社に連絡が入り、故人を安置所(自宅や葬儀場の家族控室で行うことが多いです)に連れて行きます。その後、故人を布団に寝かせ、枕カバーをかけます。その後、他の人に連絡を取り、葬儀の日取りなどを決めます。これが終わったら、出棺式を行います。故人を棺に納める儀式で、神父さんが経典を読み上げます。この儀式では、故人は死装束に身を包みます。遺体が棺に納められ、すべての連絡が完了した後、僧侶の都合に合わせて読経が行われます。そのため、ご遺体が最初に自宅(または葬儀場)に安置される際には、死装束を着用しません。一般的に死着に着替える時期は、出棺の際になります。しかし、故人の遺体をぬるま湯で洗う儀式である「結納」の場合は異なります。

湯灌とは、故人の遺体をぬるま湯で洗う儀式のことです。故人の遺体を入浴させ、倒立水(水を入れてからお湯を入れて温度を調整する方法)などの方法で体を洗います。浴衣式では、浴衣を着て遺体を清拭した後、故人に死装束を着せます。ほとんどの場合、出棺前に湯灌を行うことが多いです。ただし、結納のタイミングは特に決まっていないため、場合によっては少し早めに行うこともあります。また、ユックカンの後に故人にメイクアップを施すことができる場合もありますが、葬儀社によって異なるため、どの程度の範囲で行うことができるのか確認する必要があります。しかし、現在ではこのような湯灌式はほとんど行われていません。湯灌を行う場合は、オプション料金(10万円程度)を支払うか、専門の業者を利用する必要があります。また、現在では清掃が行われるようになったため、衛生面から見ても湯灌を行う必要はありません。このような理由から、湯灌は宗教的な意味合いが強いとされています。また、湯灌も基本的には専門の方が行うことになりますが、場合によっては家族が手伝うこともあります。一般的には、親族が死装束に身を包んでいる場合は、私服で構いません。喪服を着る必要はありません。出棺の時期は、納棺する時です。出棺は、自宅などで家族や親族の前で行い、一般の人が参列して行うものではありません。そのため、正装をする必要はありません。ただし、原色のTシャツやダメージジーンズなどは適切ではありません。この場合は、黒や紺などの色を基調とした落ち着いた服装を選ぶのが基本です。女性の場合はワンピース、男性の場合はシャツが適しています。しかし、だからといって喪服を着てはいけないというわけではありません。例えば、遠方から来ていて着替える服がない場合は、喪服を着ても構いません。また、安置や出棺の場所として葬儀場を選ぶのであれば、喪服の方が適しているという考え方もあります。