死装束とは?エンバーミング - 調布での家族葬・葬儀

死装束とはどのようなものなのか?

死装束とはどのようなものなのか?の写真

日本では一般的に「死装束」というと、和服のものを指します。

しかし、現在では人それぞれの考え方によって、死装束の種類は異なります。おそらく最もイメージしやすいのは、仏式の死装束でしょう。これは仏衣とも呼ばれています。しかし、日本の葬儀は仏式で行われることがほとんどなので、場合によっては「仏衣」と呼ばれることもあります。仏衣は、縫い目に糸止めがない、返し針を使わなくてもよいなどの特徴があります。仏衣には大きく分けて2つの種類があり、1つ目は「経帷子」という言葉が示すように、経文が刻まれているもの、もう1つは真っ白なものです。そしてもう一つは、真っ白なものです。多くの葬儀社では、この2種類のうちの1つを扱っているのではないでしょうか。葬儀社に勤めていても、お経が書かれているもの(または書かれていないもの)は見たことがないかもしれません。しかし、ご家族から「お経が書かれているのを見たい(見たくない)」と言われた場合は、多くの葬儀社が対応してくれます。お経が書かれた写経郵便は、旅の衣とされています。経帷子は、かつては巡礼のために禁欲主義者が着用していた衣服でもありました。これを着て最後の旅に出るのです。神道の死衣についても見てみましょう。私たちが知っているように、神道と仏教が明確に分離されたのは近代になってからです。両者を明確に区別したのは、1868年(文久元年)の『神仏分離』です。この時、神社から仏教の様式が取り除かれました。それまでは仏教と神道が混在していました。しかし、そのような経緯があったためか、死装束に関しては、仏教式と神道式の違いがあります。神道の儀式の場合は、着物も同じように使われます。しかし、神道の場合はカムイ(神衣)と呼ばれるローブを着用します。男性のローブは狩猟用のローブの形をしています。

神職の普段着であることからもわかるように、純白の布でできています。かりぎぬは平安時代に貴族が着用していた衣服で、かつては狩猟の際に着用していました。その後、明治時代になってからは、僧侶の普段着として使用されるようになりました。現在では白いものが一般的ですが、かつては狩猟衣にも様々な色がありました。僧侶の普段着として使われていたものをコウチキといい、女性用のものをコウチキといいます。これも高位の女性が着用していたもので、「純仁」の略とされていました。男性と同様に、すべて白いものが使われています。これらは神職の衣服であると同時に、神そのものであると考えられています。このような着こなしは、神道における死生観と大きく関係しています。仏教では、死者は極楽浄土で過ごしますが、神道では死者自身が神となり、子孫を見守る霊となります。この神衣は、故人が神としてふさわしい装いとして選ばれたのではないでしょうか。キリスト教の場合、神道や仏教と違って、死に際の服装に決まった形はありません。しかし、布に包まれたり、布で覆われたりすることもあります。布の色は白の場合もあれば、黒の場合もあります。キリスト教の葬儀では、エンディングドレスや故人が好んで着ていたドレスで見送るのが一般的です。キリスト教式の場合は、故人の手を胸の上で組むことが多いです。キリスト教の場合は、故人の胸の上で故人の手を折ることが多く、キリスト教の祈りの道具である十字架やロザリオを持たせることが多いです。このような宗教上の服装の違いは、注意しておきたいところです。宗教的な死装束の違いは非常に重要ですが、最近では故人の好みの着物や服装で見送ることで、その人らしい葬儀を行うケースが増えてきています。この方法は、宗教に関係なく選ぶことができるので、比較的選びやすいと思います。これはあくまでも主観と経験に基づくものですが、15年ほど前はこの選択肢はそれほどメジャーではありませんでした。しかし、ここしばらくの間に、この選択肢を選ぶ人が非常に増えたように思います。故人を最愛の装いで見送る葬儀は、とても意味のあるものです。このオプションを選ぶ場合は、葬儀の際に故人が愛していた音楽を選ぶようにもしてみてはいかがでしょうか。また、置くことができるお花などの面でもある程度の融通を利かせることができるでしょう。今日のお葬式は、大規模で贅沢なものから、よりパーソナルでオリジナリティ溢れるものへと変化しています。故人の愛着のある服で故人を見送るという選択肢も、この葬儀の形を完成させることに貢献しています。